量感は金銭から

人にもよるでしょうが,お金(金額)は身近な数の代表かも知れません.

さて,その金額ですが,どれくらいの額ならば認識できるでしょうか?

 ・ 首都圏タワーマンションは億ションがザラ

 ・ 某大手企業CEOの年収は10億円とか

 ・ 国家予算がついに100兆円を超えた

これらの数(金額)がピンときますか?

096_札束

私見です.一般の大人の金額イメージは次のような感じではないでしょうか?

 100万円・・・・中古車の値段や給料の□月分ということからイメージ可

1000万円・・・・年収金額を基にイメージは可

   1億円・・・・まぁ生涯賃金などを基に何とかイメージ可

   1兆円・・・・ムリ.耳にはするが,ことばを知っているだけかと

ところで,億と兆のはどのくらいだと思いますか? エッ? 縁がないから考えたこともないですか.同感ですね.

次の例から億と兆の差を体感してみましょう.

うれしいことに,あなたはナント1日ごと100万円遣えるとします.1億円遣いきるまで何日かかりますか?

1億÷100万=100日,つまり,3ヶ月と10日か.宝石とか車を買ったりして.でも毎日だと大変かも.駐車場もないぞ.

贅沢な悩みですね.では,1兆円では何日かかりますか.時をさかのぼっていつから買い物を始めたのかとしましょう.おおよそでよいですよ.

     ・・・・・・・・・

1兆円は,1億円の1万倍です.ですから月単位ではなく年単位でしょう.それもかなり大きくなりそうですね.

元号単位でいきますか.いつの時代でしょう?昭和ですか?いやいや.明治?まだまだです.

実は,紀元前700年ころ(ナント縄文末期)からスタートして現在まで,毎日毎日ひたすら100万円を遣って合計額がようやく1兆円になるということです.

参考:算数教科書解説(啓林館) 写真資料:三内丸山遺跡センター 

 

エッ!国の借金が1000兆円超えですって?!どうしましょう!

096_1兆円説明
09 20200422縄文金銭感覚

■ 本文の冒頭とエンドの2個所に,「にほんブログ村」のバナーがありますが,Clickしていただければ幸いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です